高校数学講座・数学T・2次関数の最大・最小
■ 学習計画書・2017年(平成29年)度版 ■
数専ゼミ・数学教育研究所 Link 学習記録用紙高校数学講座 MENUホームページ
Link 山形・東原教室
■水色反転のファイルbクリックして下さい。教材のサンプルをご覧になることができます。 

 学習項目 ファイル random
§ 節のタイトル  (学習する内容) EX..
1・2次関数の最大・最小
§1 2次関数の
最大・最小
         
(1) 定義域が実数全体
                              ◇発展問題
1s
(2) 定義域が α≦χ≦β 型
(3) 定義域が α<χ<β 型   
(4) 定義域が α≦χ<β 型,α<χ≦β 型  
(5) 定義域の一端だけが制限される型  
(6) 2次関数の最大値・最小値(混合問題)   
(7) 文字を含んだ2次関数の最大・最小   
(8) 最大・最小と係数決定
                         ◇発展問題_場合分け 
 
8s
(9) 条件つき2変数関数の最大・最小@
                               ◇発展問題
 
9s
 条件つき2変数関数の最大・最小A  10  
(10) 4次関数の最大・最小
                              ◇発展問題 
11  
11s
§2 最大・最小の応用 (1) 面積の最大@−長方形の面積 12
面積の最大A−直角三角形の面積 13
(2) 最大売上高 14
(3) 最大値・最小値を使った係数決定@  15  
最大値・最小値を使った係数決定A 16  
(4) 係数比較による係数決定 17
§3 区間が動くときの
最大・最小
(1) 定義域全体が動く@−場合分けが必要な問題 18
定義域全体が動くA−場合分けがされている問題 19
(2) 定義域の一端が動く−場合分けが必要な問題 20
§4 軸が動くときの
最大・最小
(1) 最大値・最小値を個々に求める−場合分けが必要な問題
21
§5  最大値・最小値を
同時に求める 
(1) 定義域全体が動く−場合分けが必要な問題 22  
(2) 定義域の一端が動く(場合分け型/場合分け不要型)  23  
(3) 軸が動く問題(場合分け型/場合分け不要型)  24  
H29.10.10